蒲田の歯科(歯医者)は安田歯科医院へ

乳幼児に関するQ&A

1歳になる子供ですが、就寝前の哺乳ビンが止められません。このままでよいでしょうか?
哺乳ビンの長期使用は乳児の虫歯の原因になります。
できるだけ早く止められるようにしましょう。
一度に止めさせることは困難ですので、徐々にコップに切り替えるようにしてください。授乳の後は哺乳ビンをはずして、お口の中をぬぐって清潔な状態にしてから寝かせてください。
4歳児ですが虫歯が急に増えてしまいました。間食が増えたことが原因でしょうか?
間食(おやつ)は1日1回決められた時間に与える習慣を身につけましょう。
間食の回数が増えますと虫歯になりやすくなる傾向にあります。
また、おやつの後にはできるだけ歯磨きをしてください。
子どもに虫歯になりにくいおやつの与え方でよい工夫はありますか?
時間と回数と量を決めて、それを守ることです。
また、おやつの後は歯磨きをする習慣を身につけることも必要です。
できるだけ甘いものは控えて牛乳やお茶などの飲み物を一緒に与えましょう。
砂糖の入ったジュース類は良くありません。
1日1回、1日の総カロリーの10%くらいを目安に決まった時間に与えるのが良いでしょう。
よくかまないとどうなるのでしょうか?
最近の子供たちは口腔機能のうち最も基本的で重要な『食べる機能』が低下しているといわれています。かめない子、かまない子が増えている現状は残念ですが、よくかまないとどうなるのか考えてみましょう。
【1】かまないと咀嚼筋(かむ筋肉)の活動が低下します。
顎骨の発育は咀嚼筋の運動によって促進されるので、あまり使わないと顎骨の発育は遅れます。
したがって歯の大きさと顎骨の大きさのバランスがとれず歯並びが悪くなる可能性が生じます。

【2】よくかむことによって唾液の分泌が促進されます。
唾液が十分出ることによって味がよくわかり食欲がそそられるわけです。
また、唾液の持つ自浄作用(洗い流し作用)、中和作用、免疫作用によって虫歯や歯周炎の発症が抑制されます。
しかし、あまりかまないと唾液の分泌が少なくなるため、以上のような効果が得られません。

【3】あまりかまないとかむ力が低下し、硬いものや歯ごたえのあるものを避けるようになり、かめなくなってきます。
近年若い人の顎関節症が増えているのは子供の頃よくかまなかったことが原因の一つです。

【4】よくかむことは口の健康だけでなく、消化吸収を助け、全身の健康にも良い影響を与えます。
よくかんで食べると唾液が十分出るので満腹中枢を刺激し、肥満の防止になります。
また良くかむと脳の血流量が増加し、子どもの知的発育にも役立ちます。
胃腸の病気予防だけでなく全身の健康維持に良くかむことが重要です。
子供の食事についてどんなことに気をつければよいのでしょうか?
一番基本的なことは子供の食生活を見直し、気を配ることが大切です。
ファーストフード中心ではなく、日本の伝統食の良さを取り入れ、子供たちがかむ必要のある、栄養のバランスの良い食事内容を考えることです。
そして流し込みではなく、ゆったりと時間をかけてかむことです。
家族そろって楽しく食事をすることが子供たちに精神的な満足を与え、情緒的な安定にもつながります。
子どもがフッ素洗口剤を誤って飲み込んでしまいました。大丈夫でしょうか?
高濃度のフッ素化合物は摂取量によっては中毒を起こします。
しかし、洗口用に調整されたフッ化ナトリウムは濃度が低いので、誤飲程度の量であれば問題ありません。
はえたての歯は虫歯になりやすいと聞きましたが、本当ですか?
はえたばかりの歯はまだ未成熟で、酸に侵されやすい状態です。
歯がはえてから一年くらいの間は虫歯になりやすい時期なので、この間にフッ素塗布などの一次予防をすることをすすめます。
1歳6ヶ月の子どもに歯磨き剤を使っても良いでしょうか?
歯磨き剤は基本的にはうがいをして吐き出すものです。
うがいができるようになってから使用するようにしてください。
子供が歯磨きをいやがって、なかなか磨いてくれません。どうしたらよいでしょうか?
歯ブラシを入れることに慣れさせることが大切かと思います。
年齢にもよりますが、初めのうちはお口の中に歯ブラシを入れることに慣れさせることが大切かと思います。
歯ブラシを自分のお口の中でもてあそぶことができるようになれば、自主的に磨くようになります。
無理に押さえつけようとすればするほど、幼いお子さんは抵抗してしまいます。
仕上げ磨きは何歳まで必要ですか?
子どもさんが一人でも磨けるようになる8歳前後まで必要です。
この時期は、乳歯から永久歯に萌え変わる大切な時期です(混合歯列期)。
未成熟な永久歯は虫歯になりやすいので、この時期は1日1回の仕上げ磨きが必要と考えます。
2歳6ヶ月の子供ですが、指しゃぶりをやめさせるよい方法を教えてください
子供さんがしゃぶっている指を無理に引き抜こうとしてはいけません。
また、指しゃぶりを止めるように言い聞かせても無駄です。
まずは、両手を使わないと遊べないオモチャを与えると良いと思います。
手を使う楽しい遊びを覚えることによって、自然に止めさせるようにしてあげましょう。
決して厳しく叱ってはいけません。
虫歯用の塗り薬って何ですか?
フッ化ジアミン銀製剤のことかと思います。
「サホライド」という製品名で一般的によく使用されています。
サホライドは虫歯の進行を抑制するための薬物で、虫歯を治すためのものではありません。
塗布しますと黒く変色しますので、適応症が乳歯の初期う蝕や目立たない部位の象牙質知覚過敏症などに限られます。
両親二人とも虫歯が多いのですが、子供に遺伝するのでしょうか?
虫歯は遺伝性疾患ではありませんので、親から子へ遺伝はしません。
歯周病と同様、お口の中を清潔に保つことが最も大切です。