蒲田の歯科(歯医者)は安田歯科医院へ

インプラント

インプラントとは

歯を失ってしまった、抜けてしまった部分などの状態の際に、人工の歯を埋め込む治療を指します。
最近「インプラント」という言葉は一般的になってきているので、ご存知の方も多いと思います。
歯を埋めるということは痛い、怖い・・・などの不安もあることと思います。
しかし「インプラント」とは、何かを「埋める」ことを意味する言葉で、医学の世界では整形外科の人工関節などを骨に埋め込む治療で多くの実績があります。
歴史的に人間は、失った自分の体の一部を何かで補うことを考え続けてきました。
歯においても40年以上の臨床実績があり、安心していただけると思います。

 

 

インプラントのメリット

・安定したかみ合わせを保つことが可能
・失った歯の数が多くても、かみ合せの力が回復します
・自分の歯のように見た目がきれいにできる
・適切なケアにより数十年保つことも可能です

 

インプラントのデメリット

・ある程度、治療期間が長期である点(術式、症状により短期も可能となりました)
・状態によっては手術をできず、インプラントを適用できない場合がある
・1本単位の価格なので、比較的費用が高額になってしまう
・来院した上での定期メンテナンスが必要
他の治療法との違い
治療方法 インプラント 入れ歯 ブリッジ
審美性
噛む力
口内衛生 優れる(手入れ要) 不衛生になりやすい 不衛生になりやすい
耐久性 優れる(手入れ要) 合わなくなる事が多い 両隣の歯に負担
健康な歯を削る なし なし 両隣の歯を削る
違和感 なし 有り 少ない
顎骨がやせる なし やせる やせる事がある
手術 有り(抜歯程度) なし なし
診療形態 自由診療 保険診療
(見映えの良いものは、自由診療)
保険診療
(見映えの良いものは、自由診療)
治療期間 6~24週間程度 2週間~2ヵ月 2~3週間
ケースに合わせた治療のパターン
インプラントのメリットとデメリット

最も一般的なインプラント方法で、失った部分に1本だけ埋入します。 ブリッジのように両サイドの歯を削らずに済む点がメリットといえます。 また、噛む際に歯ぐきにいい刺激が加わるので、顎の健康を保てます。

インプラントのメリットとデメリット

 

インプラントのメリットとデメリット

数本の歯を失った場合や歯のない部分が広い場合、部分入れ歯を用いるのが通常でした。 しかし取り外し式の部分入れ歯は、残りの歯と、歯のない歯ぐきで支えらければならず、負担がありました。 インプラント治療の場合、インプラントを支えとした固定式ブリッジなので、安定します。

インプラントのメリットとデメリット

 

インプラントのメリットとデメリット

入れ歯は通常、歯のない歯ぐきで支えざるを得ませんでした。 しかしインプラント治療の場合は、インプラントのヘッド部をバータイプの連結させたうえで、入れ歯を固定する事ができる為、食事や会話時に入れ歯がずれてしまうようなことがありません。 最近はインプラントとマグネット(磁石)を組み合わせた方法が注目されています。

インプラントのメリットとデメリット インプラントのメリットとデメリット